雨宮昭一の個人研究室

政治学と歴史学と地域の研究をしている雨宮昭一の備忘録です

空襲も疎開も過去のことならずー「台湾有事」によせて

 表題の俳句は、7月はじめに詠み、毎月私の20前後の俳句の中から私の住んでいる小金井市にある地域紙の編集部が1句選び、8月の俳句として掲載してくれるものである

 詠んだ時は、ナトー派と反ナトー派の代理戦争のウクライナ地域に限定されていた戦争が範囲を超えて、西ヨーロッパと日本に拡がる場合も漠然と意識していたが、もう少し直感的に詠んだものであった。しかし、8月に入ったら事態は恐ろしく現実的になった。特に周辺離島に住む住民にとっては「空襲」と「疎開」の問題は直接的であった。つまり米上院議長の訪台と中国の今回ロシアが使っている「進攻」という言葉も入れた軍事演習である。

1,軍事の展開

 このことは、専ら軍事的にみれば次の様に展開していく可能性がある。双方とも直接軍事的衝突になることは避けるといいながら、これまでの大戦の如く、対峙した現地で小競り合いがありそれをあおるマスコミがあり、本国でそれを収めようとする政治、軍事当局を「弱腰」「「裏切者」などとさけぶ政治家やジャーナリストなどと、民衆があり、本格的な戦争になっていく。どちらが先に全面化するかはわからないが、仮にではあるが、小競り合いから中国が台湾に「進攻」をはじめ、アメリカ軍の展開のべ―スである日本の沖縄基地、在日米軍司令部のある横田基地を攻撃する。海上では米軍の空母を破壊する。

 当初は中国が制空権、制海権を掌握して優位に展開する。しかし米、欧、日は極東以外の軍事資源を極東に集中して反撃に出る。中国は経済的な相互依存もふくめてロシアと同盟する。かくして中露vs米欧日戦争となる。かくして中国本土も攻撃対象になり、中国も日本の基地以外もアメリカなどの本土も大陸間弾道ミサイルなどで攻撃を行う。      

 そして劣勢になった側が戦術核兵器を使い、相手も使い、戦略核に移行する。いずれにしてもこれまでのように「無条件降伏モデル」で戦争は終わらない。かくして全面的な核戦争になる。以上が専ら軍事の論理に即した展開である。

2,軍事が決めるわけではない。事態の動かし方。

 しかし、物事は軍事だけで進行するわけではない。経済、政治、外交、社会、文化、運動、交流などが事態を動かす。日本の場合も中国が尖閣諸島に「武装した漁民」として「上陸」した場合はいち早く自衛隊が対処できるようにして中国を牽制すべき、などの主張がある。しかしこれが中国人民軍と日本の本格的な戦争に展開することは軍事的には十分ありうる。つまり空襲も疎開も過去のことならず、である。

 だから問題は上記核戦争も含めた軍事的展開を多様な非軍事的な要素を使って「させない」「やめさせる」ことである。そのためには、順不同であるが様々なことがある。一つは、本年7月7日のブログでのべたように、外交では、多数を占める非覇権国の意思を集め、以下のことも踏まえて覇権国を分断したり操作して「させない」」ことである。第二は「侵攻」、占領、支配がペイしないし、意図どうりに行かず、失敗することを意識させることである。「非進攻」側がそのためには。経済制裁を行うことを計画する。さらにもしも占領した場合、大多数の住民が非暴力の非協力、抵抗を行い占領の意図を挫折させること、そしてそれが本国の反戦の動きと結合して始めた勢力が排除されることを意識させることである。勿論、軍事の側面でも進攻された側が、防御的な反撃をすること、はじめのところで進攻をとどまらせることができればよいが、拡大させない準備が必要である。

 さらにそれらを支える基盤となる、各国内の無数の文化、運動、生活をめぐる互助や連帯の集団とそれらのネットワーク、さらに国を越えた住民同士の文化、諸運動、など団体やネットワークが上記のような戦争を阻止し、やめさせるような動きを取ることが結局のところ決め手になる。もし集団がなかったら立ち上げればいいのである。以上のことが、好戦的な扇動、排外主義、他民族差別などの言説に簡単に操作動員されないことに通ずる。結局、一人一人が今、持っているつながりをとうして動くしか、ことはうごかないし、動かすことはできるのである。 静観し拱手傍観秋になり                                              

 以上が戦争をしない、させない第一段階であり、それが不幸にも第二段階に、つまりはじめられてしまったら、本年2月分26日および7月7日のブログでのべたように、亡命政権をつくり、国内では、非軍事、非暴力で非協力、抵抗をつづけ、内外呼応して運動や、外交をおこない、侵略国本国での、反対の動きとペイさせない、占領地の動きが連動して、戦争推進勢力が退場するようにする。実際、歴史的には、ナポレオン戦争とナポレオン、二次大戦とヒトラー,東條英樹、ムッソリーニベトナム戦争アメリカの政権、アフガニスタン戦争とソ連崩壊、などなど、戦争推進勢力は排除されることは枚挙にいとまない。

 以上は私の この問題に対する試論である。それぞれの人がそれぞれに空襲、疎開、核戦争にならないように考え、行動するときにわずかでも参考になれば幸いである。

 

 

 

 

  

2022年8月の俳句

その一

敬老の人全戸に敬老の日

門下生かなり年上秋麗ら

猫じゃらしの空き地猫背の人が行く

大昼寝かの世この世のそのあはい

寝る前の我は誰ぞ昼寝覚め

梅雨明けの風をほぐして柳かな

花合歓やゆかしきゆえの多情多恨

その二

炎天の芯の黒さや深大寺

建長寺蝉の声やみ巨樹残る

夏燕燕返しを切りかへし

ボストンの生牡蠣テーブルは夜明けまで

水音に揺るる鬼百合闇匂ふ

ももんがの子供見る子の手素直なる

ももんがの子供見る子の手空を撫で

釣りし鮎光まみれの線引きて

その三

饒舌は孤独のかたち山法師

真昼間に涼しさ纏い友の来る

葱胡瓜買うものすべて自分量

万緑や父喪いし日のごとく

大雨山火事頻りのたうつこの星の人

じっじっじ追う鳥躱す蝉の声

子等なぜか集う石段夏の風

祇園会へ坊さん走る猫走る

柿の花用はないけど話しかけ

その四

謀議のごと小声で話す大暑かな

苦瓜の花枝幹根と夏を生き

炎天に緋の艶深め夾竹桃

複雑でいい顔メロンつくりの丹後の人

白き花赤く染めいく葉月闇

灼熱を葉肉に吸いて日照り草

秋茄子も赤ん坊も大笑い

運命を革むることのきしのぶ

バンパーに映り留まる秋の風

その五

ガードマンに片影も無しガス工事

空襲も疎開も過去のことならず

まくなぎを払わず群れに従はず

大あくびしてあたまからっぽ無敵夏

山賊の頭のごと睨む蠅虎

踏切があかぬ間に皆老ふ夏

一秒後に廃墟となりぬ団欒夏

静観拱手傍観秋になり

目耳他不如意なりゆくことをかし

螺子花の螺旋を風がつたひいく

以上

 

 

 

 

ロシア・ウクライナ戦争の終結の仕方

1,,出発点、前提をどこに置くか

1990年前後には冷戦体制がおわり、しばらくアメリカ一極支配が続いたが、それがトランプ政権の「アメリカファースト」のごとく、終焉をむかえて現在がある。現在の国際的問題は多様にあるが、ウクライナでの戦争、香港問題、台湾問題などが起きている。

 ここでは国家を越えた対外的な影響力・支配としての「帝国」の再形成、復活。主権国家の一元的支配、植民地から独立した国家の「民族自決」、その帝国、民族国家が有している「価値観」の押し付け、を最上位において軍事的手段を用いてそれらを実現しようとする、つまり暴力的手段を使って他者を制圧しようとする覇権的行為である。

 かくして「兄弟民族の統合」「五族協和」「共栄圏」のため、主権国家の一元的統治の完成のため、民族自決の名のもとに、さらに「民主的」とか「伝統」からある価値観を守る、と称して、その地域に住んで生活している人々を戦争に動員し、相手の國をはかいしつくす、あるいはその国のある地域に住んで生活している人々が中央政府、あるいはその政府を支配している勢力、と異なる制度や自立性を有している場合にそれを有無を言わせず弾圧する、以上のことを民族自決として公然と行う。このような「帝国」「主権的国家」「民族自決」「価値観」を最上位におく、出発点と前提を再検討、見直すことは可能だろうか。

2,異なる出発点とそれによる行動のあり方--人々の生命と生活

   以上と異なる出発点は、その地域に住み、生活している人々にとっては自らの生命と生活である。その生命と生活を、守るために、補完するものとして国際関係も、国家も「民族」も「価値観」もある。以上の主旨を表す多くの学説や理論もある。たとえば上記の「補完性理論」のアルトジュウスの、最終的に問題を解決する力として主権については、主権は地域に住むひとびとにあり、国家はそれを補完するものであり、したがって国家に主権はないということになる(なおアルトジュウス理論については福田歓一政治学史』東大出版会、1985年、第3章第3節。拙著『時代への向き合い方』2022年,、丸善、74‐76頁)。

 この出発点からすれば、「兄弟民族」統合のために自らの生命と生活を犠牲にすること、相手の地域の人々の生命と生活を破壊することは考えられないことである。そしてそうされた側のひとびとが「民族」の自立性をまもるために同じく武力で応じ、自らの生命と生活を犠牲にするべきではないことになる(もしそうなった場合の両地域の人々の対応については、ロシア・ウクライナ戦争の開始2日後の2022年2月26日ずけの私のブログを見てほしい)。

 また、中央政府の全土一元的支配のために、それと異なる制度や自立性を有したその中のある地域の人々の生活や自由を強制的に変えたり、制限することは再検討される。さらにその地域の制度や統治者が「自国」であれ「他国」であれ、自らの生命と生活を最上位に置く前提からすれば、その基準からいえば、極端に言えば「外国」やその制度を選ぶことは正当である。帝国主義の國による植民地、あるいは従属状態から独立したから、「民族自決」はなにをしてもよいわけはない。あるいはある「価値観」のために生命と生活を犠牲にすることなど自明ではない。

3,異なる出発点と「帝国」「国家」「民族自決」「価値観」との関係

 では、異なる出発点と「帝国」「国家」「民族自決」「価値観」は無関係であっていいのか。勿論違う。出発点となる各地域の人々の生命と生活を、維持し、守り、発展させ、つなぐために「帝国」ー国際関係や国際制度、「国家」「民族自決」「価値観」を作らなければならない。それは、強制による他の支配としての覇権でない、非覇権的国際秩序、暴力による政治ではない、非暴力の国内社会政治秩序、そして、暴力を引き出す対立や競争のシステムを競争でなく協同のシステムに変えること。以上の内外にわたる非覇権、非暴力、協同を各地域、国内、国際的に作っていかなければ、各地域の人々の生命と生活は守れないだろう。今、それらが現実的にどうなっているかの確認も含めて、ロシア・ウクライナ戦争の終結の仕方、終わらせ方を考えよう。

4,ロシア・ウクライナ戦争の終わらせ方

 この戦争については、第一段階として、覇権と暴力の集約としてのこの戦争を、国際国内地域の人々で、非覇権、非暴力の力を集め、行使して開始させないことであった。

第二段階としてそれができなくて開始してしまったら、軍事的にではなく、非暴力の抵抗と非協力による非軍事的「戦争」を行うこと。

第三段階として、しかしそれも行われず双方の武力衝突、しかも、両者とも覇権的なナトー諸国と反ナトー諸国の代理戦争の状態でウクライナ、ロシア双方の人々の生命と生活を破壊しつつある。

第四段階が今である。つまりこの戦争を終結させること、終わらせることである。そのためには。これまでの戦争の終わらせ方となにがちがうかを明らかにする必要がある。

これまでの戦争の終わらせ方-無条件降伏モデル

 第一次、第二次世界戦争などは、ふたつの覇権国あるいは覇権同盟の軍事的衝突で相手の国民すべてを巻き込み、無差別爆撃、相手に核兵器がない場合には核兵器を使用して、相手を完膚なきまで屈服させ、その後は「価値観」もふくめ敗戦国民を思うように「改造」する、という「無条件降伏モデル」であった(拙著『占領と改革』岩波新書、2008年、「はじめに」)。その後もベトナム戦争アフガニスタン戦争、リビア戦争などは、結果を別にして、いずれもこの「無条件降伏モデル」で覇権国により遂行されてきた。そして今度の戦争でも双方ともそのモデルで戦っている。

 しかし、今度の戦争はこれまでと異なる。二つの覇権勢力の対抗という点では共通しているが、前と違うのは両者が核兵器を持って居ることである。しかも第二次世界大戦後は、その戦争の勝者同士ということもあって、核兵器は使わないことが暗黙の前提になっていた。しかし、これまでの戦後の戦争と違って非対称的な両者でなく、代理的とはいえ、核兵器を持ち、国連で拒否権をもつ、二次大戦の勝者同士が、がっぷりと組みあっている。しかも、これまでと違うのは、今は反ナトー諸国であるが、核兵器をつかうことを公言している。核兵器が使用されれば、相互に報復し合うことによって、相討ちになり、相手を完膚なきまでに破壊する一方的な勝者はいない、つまり無条件降伏モデルは通用しない。こうして人々を巻き込んだ悲惨な戦争が長く続くことになる。

 ではどうするか。両者、および主要な支持国はいずれも覇権国である。そして多数を占めるそれ以外の国々は非覇権国である。そしてそれらの国々は戦争による値上がりなど被害を受けているのみならず核戦争の被害者にもなりうる。だとすれば多数を占める非覇権国を集めて、停戦,休戦、終戦の斡旋に入る以外にない。それを外交、世論づくり、利害関係を駆使しておこなわれるべきである。

 そして停戦は何も決定できない、その時点での状態のままであろう。不当な扱いを受ける地域の人々は、新しい「戦争」ー非覇権、非軍事、非暴力のねばり強い抵抗と非協力による戦いに転換する。つまり核戦争が新しい戦争一型とすれば、この非覇権、非軍事、非暴力の「戦争」を新しい戦争ニ型としよう。

 このニ型を推進できる資産を持つ国の一つに日本があるだろう。一次大戦以降の「戦争非法化」を継承し、したがって覇権国を卒業し、共産党自民党日本国憲法体制に参入した非暴力の政治システムとしての五十五年体制の形成など、非覇権、非軍事、非暴力の戦後を歩んできた、さらに核戦争に関わる軍事的な最初の被爆国である日本は上記の国際的動きを行う事が義務であり「国益」でもある。非覇権国とともに行動したり、覇権国を分断したりして、覇権国を操作するのも非覇権国の責任であろう。一型に連なる軍備拡大、核の共有などは、これまで述べてきた異なる出発点からすれば沙汰の限りといえよう。試論であるが多くの人と考え、行動する時の材料になれば幸いである。、

 

 、

 

 

 

 

2022年7月の俳句

その一

雲の峰背負いて都市の変電所

聡明を超える明るさあまりりす

朗らかな上臈蜘蛛の網に入り

素寒貧素寒貧と亀が鳴く

猫暑しいもむし暑し人暑し

炎暑なり歩道橋の理不尽さ

変電所の中の瀟洒な夏館

その二

小雀を飲み込む鴉雨しきり

小雀を飲み込む鴉にからすの子

プーチンと鴉は違う避けられる戦

避けられる戦避ける方法梅雨の明け

跳ねた鯔かもめとなりて大空へ

鯔飛んでカヌーに入りぬ汽水線

歯を削る土木工事や迎え梅雨

おおくしゃみ何も変わらずゼラニウム

風鈴に触ってみれば素寒貧

その三

素洗いの皿のひびきや夏の風

花きぶし出会いと噓の花言葉

薄味の色それでいいいろ花紫陽花

小潮満つる川岸六十年六月十五日も

上弦の月かうかうと敗戦の日

夏燕やわらかく裂く新宿の空

その四

卵生む烏賊の目険し春の海

孤児に親兵士に妻子ちゅうりっぷ

仙人掌(さぼてん)の花枝幹根と共に生き

自家の壊れっぷり鑑賞する人野分あと

おべっかでなしオマージュだとお世辞言ふ夏

叫喚は幼稚園よりキーフ夏

炎暑やりすごす夏眠中なりじじと猫

大花火開くや闇の改まる

以上。

戦後を戦後以外で語ること、四潮流論、協同主義と自由主義

5月4日占領・戦後史研究会で濵砂孝弘さんの報告「岸信介の二大政党論と安保改定」を聞いた。趣旨は岸は50年前後には、経済安定自立を主に考え、労使協調、経済の計画化など、修正資本主義と福祉国家を考え、英国型の反共の労働党と保守党の二大政党制を構想していた。しかし安保改定をめぐって、社会党から民社党がわかれ、二大政党制ではなく、安保をめぐる一と二分の一の分極的な五十五年体制になったことを、厳密な学説整理と新しい資料で実証的に明らかにされた価値ある報告であった。

 その上で、いくつかのコメントをしたい。第一に、報告は戦後を戦後で説明できるのか。修正資本主義、福祉国家、経済の計画化、労使協調などは岸などにおいてはほとんどすべて戦前戦時特に戦時において考えられ実践されたものであり例えば国民皆保険化など戦時に引き継いで戦後岸内閣で実現するのである。第二は上記をめぐるアクター関の関係を、戦時期に原型がつくられた自由主義と協同主義の展開からすれば、岸は下からの協同主義である社会党自民党内の上からの協同主義の勢力と保守勢力の主流の自由主義、の二大政党制を考えていたが、それは挫折して、上記の五十五年体制になった。それはアクター関係でいえば、上からの協同主義である岸などの国防国家派と下からの協同主義である社会党などの社会国民主義派と吉田などの自由主義派の結集を意図していたが、安保改定をめぐって国防国家派,社会国民主義派と自由主義派、反動派の結集としての自民党優位体制になってしまったといえる。

 第三に、それゆえ戦時の展開抜きの戦後はありえないと同時に、他ならぬその戦後体制の一環としての五十五年体制が崩壊し、グローバルの新しい自由主義が展開しそれに対する新しい協同主義が展開している(拙著『時代への向き合い方』)。戦後をポスト戦後、未来で語らなければ現在をかたれないのである。つまり「戦後のゆらぎは、戦後を戦後で説明する時代の終わりを意味し、戦後を戦後以外、例えば戦後以前と戦後以後で説明することを要請している(拙著『占領と改革』193頁)のである。今回の報告は以上のような事を具体的に考えられることも含めてクリエイティブな研究である。

2022年6月の俳句 

風薫る二〇〇ページ二〇一ぺージ

メロンパン似合ふ少女や夏来たる

蛹脱ぐ蝶の目静か甲斐連山

花一輪卒業式を完成す

釣竿を空に一振り夏来る

脳内にデキシーランド夏を行く

大花火おおきく開き闇始まる

囀りの中さえずりて鳥となり                                                                                                 大欅夏空に光を孕ませて

手花火の花の開くや闇深む

自壊しつつあるから戦始める春

土用三郎が行く人見えず

守るべきものはなに子等と兵

孤児に親兵士に妻子チュウリップ

捨てるべきものはなにジギタリス

国民族我事に非ず子と兵士

先史人の叫喚混じる氷河かな

近代をさらりと避けて上機嫌夏

近代を越えてますます不機嫌夏

雲の峰老化は癌の予防のためと

様々なマスク青山一丁目

オンラインなぜか両手を振る夏

夏風のほつれ目から恍惚漢

竹婦人砂糖は腐敗防ぐため

旭天鵬優勝一斉に付き人号泣春

堤灯にメバル集まり海眠りゆく

鯛釣れず水は優しくなりにけり

鯵釣りの成果四入五入して話す

鮎釣りか釣られているか釜無川

竿放さぬ鮎釣人の流れ行く

無口不機嫌が作法釣れぬメバル

老いの血を吸いて老化する藪蚊

少詠多捨俳句消失夏の夜

 

 

 

2022年5月の俳句 その二

 

万緑や二歳児手を握り来る

海からの風若葉の色調へ

フルートは心の波か春惜しむ

国民族で生きてゐぬのに難民春北風

両者ともナチの要素や春嵐

核による平和終わりぬ黄水仙

またも長崎の鐘とんがり帽子の赤い屋根

しゃぼんだまゆらゆらこの星ゆがませて

罌粟ゆれる静かにゆれる人ゆれる

鳥雲にカボチャだけを買ひにゆく

住宅をものともせずに桃花畑

蓮華蓮華蓮華蓮華ゆれる

勝手場に山吹二輪ひかりあふ

咲かずとも葉っぱうるおしひたちつゆくさ

スマホ乗り換えブルシットワーク数多夏

馬鹿にもクオリティあるとゼミ生涼し

鴨つぎつぎつぎと川長し

木も風も太極拳もゆーらゆら

風強し花を散らさぬこゑ聞こゆ