読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨宮昭一の個人研究室

政治学と歴史学と地域の研究をしている雨宮昭一の備忘録です

天川晃さんを悼む

 4月27日に天川さんがなくなられてから3週間たつが喪失感が激しくまだ立ち直れていない。もう半世紀前になるが最初にお会いしたのは天川さんが東大法学部の助手をされていて筆者が大学院生の時であった。当時は「東大紛争」が始まる直前ぐらいの時である。そのころの政治学では丸山真男さんの存在が圧倒的で日本、ヨーロッパを問わず政治思想史を選択する研究者の卵が多かった。また行政学の辻清明さんも強い影響力をもっていた。それ以外は例えば日本政治外交史のように伝統的な専攻が選ばれていた。

 天川さんもふくむ何人かはそのいずれにもものたらず、そのあと現れる「全共闘」(彼らはどちらかといえば数量政治学のような新しい研究方法を使おうとしていた)とも異なっていた。親近感を持っていた岡義達さんや京極純一さんはまだ若く方法が外在化されていなかった。それもあって天川さんは助手時代は懊悩されているように見えた。しかしこの時の立ち位置が学問業界を越えた天川さんの存在をつくったとおもわれる。周知のごとく天川さんは日本占領研究の草分けであり第一人者である。天川さんは1974年から75年にかけて「戦後政治改革の前提―アメリカにおける対日占領政策の準備過程」、「占領初期の政治状況―内務省と民生局の対応」「地方自治制度の改革」(これらの文献,本人の位置付けについては天川「戦後改革・占領改革・戦時改革―戦後体制の成立をめぐって」福永文夫、河野康子編『戦後とは何かー政治学歴史学の対話』下巻、2014年、丸善、を参照)の重要な論文を書かれた。

 それらの業績は米国の資料の使用、占領以前の準備過程、そこでの占領の位置など以後展開される「占領史研究」の原型を表現された。さらにそれを通して狭い各学問業界を越えた展開をも表現された。当時から天川さんは、国際政治学会、政治学会、地方自治学界、などなどで報告をされている。そして自ら占領史研究会を起ち上げられたことも周知のことである。天川さんはよく国際と民際の研究会を目指したと話されていた。ここでも境界を自覚的にこえようとされていた。

 天川さんの卓越さは業界を越えつつ単なるジレッタントではなかったことであり、深い意味でも、具体的な意味でも各業界に内在しつつ各々を超えられたことである。たとえば天川さんは自分は行政学者ではない、と公言されていたが地方―中央関係における集権―分権、融合―分離を軸とする天川モデルは行政学の教科書にはかならず載っている。関連して最近、というより天川さんの最後の仕事になってしまったが戦後地方自治の歴史に関する本を準備され講演もされた。その中ですでに1989年執筆の「昭和期における府県制度改革」で提出されていた戦前の内務省―府県制システムと戦時に出てきた内閣ー道州制システムをさらに占領・戦後改革をくぐらせその結果がたぶん新「内務省―府県制システム」としての戦後体制として安定し、それが2001年あたりの「分権改革」で変わる、という見通しを持たれていた(前掲『戦後とは何か』138,141ページ)。その後の展開についてはなくなる5か月前に、「戦後の越え方」については筆者、最新の行政学における中央―地方関係については村松岐夫氏と3人で「放談会」を持ち、そこで詰めていきたい、と話していた。残念ながら何回かのメールで体調が許さず延期されたままで終わってしまった。筆者は脱戦後システムとしては螺旋的循環としてではあるが第2期内閣―道州制システムの展開ではないか、と「放談」するつもりであった。いずれにしてもわくわくするような議論がいつもできたのは天川さんの知のひろやかさ、つまり長期的で全体的な視野から常に問題を考えられていたからであった

 天川さんは率直でこわばりを好まずユーモアを自然にみにつけていた。自らを「関西人」とのべ例えば筆者の「一生懸命さ」をからかった。こうしたデタッチメント、ユーモア、場にいて場を超える、という特徴は、実は天川さんは早くから距離を置き筆者は少し遅れて距離を置いた丸山真男、辻清明、林茂の諸先生方の教えでもあり、気質でもあったことに気付く。本人の意向はわからないがその時代の最も良質なものを継承しつつあらたに展開していることは間違いないと思われる。

 最後に少々個人的なことをのべたい。お互いに助手,院生以降20年近くは筆者は1920年代と戦時期を研究していて、東大の政治学研究会で時折会う以外は天川さんとはクロスすることはなかった。筆者が占領期を勉強し始め、一方占領史研究会が解散したころから非常に親しく会う機会が増えた。以下はこれまで一緒につくった、今つくりつつある、そしてこれからつくることになっていたいくつかのしごとである。様々な科研費研究会、茨城の占領時代研究会(『茨城の占領時代―40人の証言』茨城新聞社、2001年)、科研費(『地域から見直す占領改革』山川出版、2001年)、『自治体と政策』放送大学、2009年。戦後体制研究会、前掲『戦後とは何か』上・下。同『対話―沖縄の戦後』吉田書店、2017年予定。同『比較戦後体制論(仮題)』吉田書店、2018年(予定)など。他に占領・戦後史研究会、ガバナンス研究会、マッカーサーノート研究会などもある。知的にも学問的にも人間的にも付き合い、相談する日々であった。4歳しか違わず年齢も近いこともあってか、親や若いときの友人たちとの別れよりもその喪失感は身体的ともいえるほど深い。それはまた稀有な存在だった天川さんの不在の個人を超えた意味をあらわしているように思われる。

石の置きどころ

     石の置きどころ

 先月末に少し先輩だが親友である天川晃さんがなくなって喪失感が激しくしばらくぼう然と過ごしたが、依頼された追悼文をやっと今日書き終えた。すこし回復したが本の校正などはまだまだだ。それで空元気を出して絞り出したり吟行で詠んだ俳句を書いておく

 空元気で作ったのは

青空の濃淡崩す藤の揺れ

藤棚を抜けて異界の蝶となり

緑風を二つに切りて鹿威し

行きずりの恋も重いぞ八重桜

 5月14日殿ヶ谷戸庭園に吟行したおり詠んだのは

つわぶきの庭なり石の置きどころ(つわぶきの花が季語だが)

縄文の人と飲みけり石清水

再開発止めし「通信」夏木立

 

お粗末でした。

稀勢の里を見るいろいろな見方

 昨日、茨城大学協創教育研究センター研究会のコメンテーターとして大学に向かう午後1時30分ごろ、水戸駅で「稀勢の里横綱に」との茨城新聞の号外が手渡された。稀勢の里については私も何度も何度もがっかりしてきた。前々場所の時であるが句会で、

 稀勢の里やっぱり負けます秋海棠(20

16年10月9日雲の会)

と詠んでしまった。これは、朝潮がどっと負けます曼殊沙華(坪内捻典)の形をお借りしたのだが一種のやるせなさとあきらめの心情をうたったものだった。自分が茨城県に長くいたこともあるがとにかく優勝して横綱になって、という焦慮のような気持ちでいっぱいだったわけである。それはメジャーに行った投手に二桁勝利を熱く期待することとも共通している。

 しかしこの間の稀勢の里の優勝、横綱決定のなかで最も印象的だったのは、稀勢の里のお母さんの「大関でながく相撲を取ってほしかった」とつぶやいたことばだった。それぞれの人がそれぞれの見方を持っていること、それを知りかつ尊重しあうことがそれぞれを豊かにしてくれることを感じた。そういえばメジャーに行った投手が目標を聞かれて速球をきたえて二桁勝利を続ける、とこたえたらコーチがそうではなく目標はながく投げ続けることだ、と言ったそうである。

徳田球一と水仙

 昨日自転車で多摩墓地にある私の家の墓にお参りに行った。済ませて自転車で帰るとき引きつけられるように右を見たら徳田球一という自然石に近いお墓があった。そして花入れに一輪づつ水仙が供えられていた。

 徳田は「獄中18年」「戦後日本共産党初代書記長」「所感派」「北京客死」などある意味で派手なイメージが残されているが、ピュアでフェアな人柄であることは新聞記者や政敵でもあった吉田茂なども認めている。

その意味でも今もお墓がさっぱりと清掃され水仙が一輪供えられていることは印象的であった。

  徳球に水仙一輪多摩霊園

2017年の年賀状

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年は三度の研究会報告、大学院の講義、早大獨協大学での社会人講座、中国語版『占領とと改革』の出版、日野市地域創成報告書作成、BS朝日出演や句会参加などをいたしました。年甲斐もなくブログを始めました。

 かねてからの懸案であった「戦後の越え方と協同主義ー協同主義研究のための見取り図の一つとして」『独協法学』100号、2016年8月、を書くことができました。

 トランプ氏当選もふくめて、戦後あるいは戦後民主主義を守るか、壊すかの次元から、いかにいかなるシステムで戦後を越える=超えるか。つまり「戦前」-戦争前でない民主主義、システム、「戦後」-戦争後でない民主主義、システムという次元への移行という課題が誰にもわかるようになりました。日常の生活や研究会の中で皆さんと一緒にに考えていきたいと思います。

 みなさまの健康を心よりお祈り申し上げます。

  2017年 元旦

大阪・アート・七つの船

 2016年12月4日に大阪でおこなわれた「7つの船」というアートプロジェクトによるナイトクルージングに参加した。その時の印象が深かったのでその日にラインで知人に感想を送った。それはアートだけではなく歴史、地域、政治にとっても深い示唆を与える経験だったので全くの感覚的なものだがここに記録しておきたい。

 

 ナイトクルーズ、すごく楽しかった。大阪の近世、近代、そして現代、第二次産業第三次産業、ほんのわずかの第一次産業、住宅地などが川から見ることによって、つまり裏側から見ることによって非常に素直に見えた。それをアーティストによる様々なパフォーマンスが一層豊かにしてくれた。実に厚みのある経験であった。

 大阪かアートかではなくて元々豊かな大阪の過去、現在そして未来が、さまざまなアーティストによる船内外における最新のオリジナルなパフォーマンスによって豊かに立ち上がったのである。

  大阪の厚み立ち上ぐセブンシーナイトクルーズ

加藤陽子『戦争まで』朝日出版社、、2016年、について

は  はじめまして、雨宮昭一ともうします。最近懸案だった協同主義研究のための見取り図の一つを書くことができました。それが「戦後の越え方と協同主義ー協同主義研究のための見取り図の一つとして」『独協法学』2016年8月、です。ここではそれ以後気がついたこと、読ませてもらった本、研究会で触発されたり、発言したことを記録したいと思います。

 

   加藤陽子『戦争までー歴史を決めた交渉と日本の失敗』朝日出版社、2016年

 本書は大変面白く説得力のある作品である。著者のこれまでの作品では事態の再現を中心にされてきたが本書では最新の研究と一次資料をふまえてオルタナティブを迫り、読者の高い(あるいは本来の)“当事者性”を陶冶しようとしている点などは高く評価される。

 それを前提にしたうえであるが本書の「合理的」で「現実的」とされている「世界の道」が大衆に認識されなかったことから戦争に向かった、という基本的論点を検討する。これはかならずしもイデオロギーの問題ではなくこの「世界の道」は内外の既得権益者である資本主義、自由主義勢力によって構成される世界秩序である。そしてこの資本主義、自由主義の問題性が露呈するのが本書が扱う激動期であろう。その問題性の解決が国内的国際的に放置されたまま「合理的、現実的」と言われてもその問題性の渦中にいる大衆は納得しない可能性があろう。つまり大衆はそうした「世界の道」の内容を知ったうえで従わなかったのではないか。知らないで操作されて戦争になったとは到底考えられない。

 筆者はこの問題性を放置した「世界の道」vsその「合理性、現実性」を理解できない大衆、という図式じたいが検討されないと相変わらずまた同じ事態が繰り返されると考えるものである。この問題性の克服がいかにして歴史的に可能だったか、可能か、可能になるかなどを大衆もふくめた「4潮流」などで、つまり一つの「合理的、現実的な世界の道」ではなく“複数の合理性、現実性、をもった複数の世界の道”の存在とその相互作用の解明である(雨宮昭一『占領と改革』岩波書店、2008年、同『戦時戦後体制論』同、1997年、前掲「戦後の越え方と協同主義」2016年論文など)。

 その中での具体的な問題性の克服に関連して一例をあげよう。戦時期に「満州」で「開拓」に関わり1946年に帰国し茨城県庁にはいり日本の「開拓」に関わった人物が「平地林が多いのに驚き」「いくらでも開拓はできるはずだな」ということをヒヤリングで聞いた〈茨城の占領時代研究会『茨城の占領時代ー40人の証言』茨城新聞社、2001年、283頁)。つまり「満州」に行かなくとも土地はいっぱいあったのである。関係と制度を少し少し変えれば土地は「いくらでも」あり「戦争しかない」とは誰も考えないであろう。このようなことをあらためて想起できたのも本書が並外れて高い水準を有しているからであることは言うまでもない。