読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨宮昭一の個人研究室

政治学と歴史学と地域の研究をしている雨宮昭一の備忘録です

石の置きどころ

     石の置きどころ

 先月末に少し先輩だが親友である天川晃さんがなくなって喪失感が激しくしばらくぼう然と過ごしたが、依頼された追悼文をやっと今日書き終えた。すこし回復したが本の校正などはまだまだだ。それで空元気を出して絞り出したり吟行で詠んだ俳句を書いておく

 空元気で作ったのは

青空の濃淡崩す藤の揺れ

藤棚を抜けて異界の蝶となり

緑風を二つに切りて鹿威し

行きずりの恋も重いぞ八重桜

 5月14日殿ヶ谷戸庭園に吟行したおり詠んだのは

つわぶきの庭なり石の置きどころ(つわぶきの花が季語だが)

縄文の人と飲みけり石清水

再開発止めし「通信」夏木立

 

お粗末でした。